キレイを贈るボランティア

2015.02.04 Wednesday 施設訪問

2月3日(火)節分の日に、青森県ヘアアーチスト専門学校の学生がサンタハウス弘前を訪れました。
理容科、美容科の生徒さん38人がボランティアサービスとして、当施設の入居者様・利用者様にメイク、ネイル、マッサージ、ドライシャンプーのサービスを施していただきました。

介護老人保健施設サンタハウス弘前、デイケアセンターサンタの家、サンタハウス迎賓館の3か所で実施されました。約100名の方々が参加し、各会場とも華やかに賑わいました。

■メイク
メイク@老健 メイク@老健
メイク完了@デイケア「青春が戻ってきた」「若返ったよ」
■ネイル
ネイル@老健 ハンドマッサージ@迎賓館
メイク&ネイル@デイケア足に注目「好きな色を塗ってもらったの」
■マッサージとドライシャンプー
マッサージ@デイケア
マッサージ@迎賓館「あ〜さっぱりした」

たくさんの喜びの声が聞かれました。
石戸谷校長先生の「担当したお年寄りが朗らかになりましたか?」との問いかけに
生徒さんたちがうなずき、「たくさんの人に気持ち良かったと言ってもらいたい。笑顔が見たくてやってます。今日は、いい笑顔を見ることができました」と応えていました。

ミニコンサートのお知らせ

2015.02.03 Tuesday お知らせ

合唱団ヴェルテ によるミニコンサートを開催いたします。

弘前市の合唱団ヴェルテ(ササキ音楽教室/主宰:佐々木由佳)がサンタハウス弘前を
訪問していただくこととなりました。
なじみ深い童謡を中心に歌っていただき、また参加者全員が一緒に歌うことで元気になる
イベントです。

開催日時:2月11日(水)14:00〜14:45頃
場  所:サンタハウス弘前10号館 1階 パブリックスペース
内  容:りんごのうた/花/浜辺の歌/ふるさと/
     しあわせなら手をたたこう/川の流れのように/
     あまちゃんオープニングテーマ/冬の童謡メドレー など

お問い合わせ
0172−99−1234(サンタハウス迎賓館/佐々木、中村、佐藤)

認知症サポーター養成講座

2015.01.19 Monday 弘前市第二地域包括支援センター

1月16日(金)藤代公民館にて、弘前市認知症サポーター養成講座主催「認知症サポーター養成講座」が開催されました。
介護サービス従事者を含む地域住民など、約70名の方が参加し認知症サポーターとなりました。

※認知症サポーターとは…
オレンジリングは認知症サポーターの証オレンジリングは認知症サポーターの証です。
 全国キャラバン・メイト連絡協議会による「認知症サポーター養成講座」を受講した方を「認知症サポーター」と呼びます。認知症サポーターは、認知症を正しく理解し、自分の出来る範囲で認知症の人やその家族を地域で見守る「応援者」です。

まずは「認知症の理解」について、第二地域包括支援センターのケアマネジャーであり認知症キャラバン・メイトでもある佐々木安芸子さんより
講師:佐々木安芸子さん
認知症とはどのような症状であるか、どのような支援ができるのかなど資料を見ながらお話いただきました。

認知症の方は自分に何かが起こっているという不安を感じています。心に余裕を持って対応する事がカギになります。
基本姿勢は「驚かせない」「急がせない」「自尊心を傷つけない」です。
参加された方の中にレジ対応をする方がおりましたが、認知症と思われる方が来店した際に「小銭ありますか?」「一緒に数えましょう」など声掛けをしているとのことでした。

講座の様子
講座の後半では家族の会の方の体験談を伺うことができました。
褒めて自信をつけさせること、毎日家庭の中でも仕事や目標を持たせて刺激ある日常を送ること、などを中心に語っていただきました。

〜日常のお話の一例〜
 ある日お蕎麦を食べに行ったところ、食べ方を忘れてしまった様子。
 思わず「それ違うよ」と否定してしまいそうだったのをこらえ、「こんな風にすると食べやすいよ」と言葉を添えた。

 毎日近所のコンビニまで往復90分かけて歩いて行くのが日課のご主人。
 お気に入りのコンビニ店員さんに会うため、また地域の方が声掛けをしてくれるのがうれしいのでわざと遠回りしていること、など目的を持つことは大切である。


認知症の方の介護は体力的にも精神的にも負担が大きいですが、ちょっとした周囲の方のサポートで日常生活を穏やかに暮らしていくことが可能です。
家族だけでなく、地域の方・商店街・駐在所など、様々な見守りによって、尊厳ある暮らしを守ることができます。
認知症の人は何もわからないわけではない、という点で認識を改め、安心して暮らせるまちづくりを意識した講座でした。

サンタハウス弘前で働いてみませんか?

2015.01.15 Thursday 社会福祉法人 弘前豊徳会

サンタハウス弘前では一緒に働く仲間を募集しています。
求人情報を更新しておりますので、
興味がわいた方はお近くのハローワーク
または弘前豊徳会(0172−99−1255/担当:中谷)までご連絡下さい。

採用情報
※クリックすると詳細ページに移動します。

新年会:プロバスケットボール選手と餅つき

2015.01.07 Wednesday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

1月6日(火)、介護老人保健施設サンタハウス弘前で新年会が開催されました。
職員挨拶
入居者様、利用者様とそのご家族、各事業所の職員など100名を超える参加者でホールが賑わい、30圓量瀛討鮖藩僂靴震澆弔と、職員による獅子舞が披露されました。
昨年に続き今年も、日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)で活躍する青森ワッツの選手4名が駆けつけてくれました。
昨年も応援に来てくれたキャプテン高岡大輔選手。(左上)さすがに手つきが慣れています。
「僕がついた餅が一番おいしいですよ」と澤口誠選手。(右上)
餅つきは初めてという山口祐希選手。「意外と重い。今日はシュートが打てないかも」(左下)
杵がとても小さく見えます。身長203僂離検璽痢Ε櫂沺璽豼手。(右下)
青森ワッツの4選手による餅つき
2人同時に「ゴー!ゴー!ワッツ!」の掛け声に合わせて杵をふるうパフォーマンスも見せてくれました。

入居者様も杵をふるいました。
入居者代表
また、職員による獅子舞では、無病息災を願いました。獅子は厄病退治をするそうで、噛まれるとその年は元気で過ごせるという言い伝えがあります。
獅子舞
6臼分のお餅がつきあがり、参加者全員にお汁粉などにして振舞われました。
入居者様と青森ワッツの4選手も一緒に食べましたよ。
一緒にお汁粉いただきました。
「獅子舞は怖かったけど、餅つきはとても楽しかったよ」とポマーレ選手。
入居者様たちは「最高に楽しかったね。お餅もおいしいね」「今年も健康に過ごせそうです」と笑顔でした。

2015年01月06日のつぶやき

2015.01.07 Wednesday つぶやき

09:27
デイサンタの新年会 http://t.co/DjjjTR3CZN #jugem_blog

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links