新入職員3か月目研修

2018.07.07 Saturday セミナー・研修

この4月に入職した新入職員の3か月目研修が7月3日(火)に行われました。
まずは「チームビルディング研修」です。講師は職員総合研修室の長谷川さん。
長谷川さん
さて、チームとはなんでしたっけ?グループとの違いは?
新人職員1か月目研修も合わせてごらんください。

「チーム」とは目的をもって行動する集団(グループ)のこと。同じ目的をもってチームで行動することをについて今一度確認してみましょう。
今回は、「ブラインドスクエア」にチャレンジ!
全員が目隠しをしてロープを持ち、形を作っていくというものです。どうやって形を作るかはリーダーが指示します。人の順番は入れ替えてはいけません。
正方形を作る1
最初のお題は…「正方形」
どのように正方形を作ればいいと思いますか?
このチームはリーダーが感覚で人を動かしていきました。「たぶんその辺に立って」「たるまないようにピンと張るまで右に移動して」など。できあがった正方形は…

正方形を作る2 台形のようですね…

次のチームのお題は「五角形」
距離感のはかり方を最初は悩んでいましたが、誰かが「正五角形ではないのだから、みんながそれぞれの位置でピンとロープを張ればいいのでは」と提案すると、次々に「両手をそろえて一点に」「距離はこれでいいのかな」「隣の人と腕が触れる?」とお互い声をかけあいながら形を作っていきました。
五角形 五角形2
それらしい形になったようです。

等間隔で人を配置するためには、声をかけあう以外にも、手を伸ばすとか歩数は何歩の距離で、など積極的に動いて測るのも一つの方法だったと思います。
声をかけあう、動く、というコミュニケーションが足りないと、みんなが思い描く形はなかなか作れない、ということですね。
介護の現場においては、日々こなす事、そのフロアの目標、最終的には施設の理念に向かってみんなが目指すケアを行っていきます。どうすればみんなが同じ目標にいけるかは、周りの人に積極的に声をかけてコミュニケーションを図る必要がある、と学びました。

さて、次は「自我分析をしてみよう」
講師は職員総合教育研修室の柳田一男室長です。
いくつかの設問に答えて棒グラフを作り、「なりたい自分」と「今の自分」はどのくらい離れているか、近づけるためにはどうするかを知っていきましょう。
理想と現実の差 どのくらい離れているか光にすかして確認していますね。
入職して3か月たち、仕事にも慣れてきた頃だと思います。「なりたい自分」へは、あとどのくらいでしょう?自分の中に一つ、目標ができたような新入職員を見て、期待が膨らみました。

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links