職員研究・体験発表会〜魚鱗癬のケア中間発表〜

2018.06.20 Wednesday 研究

こんにちは、チームTAKAYAです。
チームTAKAYAのことを知りたい方はこちら
前回の中間発表はこちら
6月13日(水)、2回目となる中間発表を行いましたのでその様子をお伝えします。

今回は、冬期のケア、チームの失敗、今後の課題について発表しました。
チームTAKAYA
冬期のケア
外気温が下がるとともに室温・湿度が下がっていきます。平成29年9月25日より加湿器を、9月30日より暖房使用を開始しました。ところが加湿器2台を使用しても、湿度40%を下回ってしまいました。
そこで、バケツや洗面器にお湯を張って室内に置いたり、部屋で洗濯物を干したりするなどして対応しました。
真冬になるにつれ、居室だけではなく浴室・脱衣室も寒暖差が激しく、室温・湿度が低下しました。Kさんの入浴前30分は暖房を使用して寒暖差をなくす、という対応をとりました。
換気・空調にも気をつけ、空気を循環させるため扇風機2台を室内の対角線上において循環させています。
空調循環
チームの失敗
まず第一の失敗は、肌を保湿することばかり考え、軟膏を厚く塗りすぎた、ということです。皮膚の表面にふたをしてしまっていた状態を作ってしまい、汗や皮脂の分泌がうまくできず、熱がこもり、かゆみや乾燥を助長させてしまいました。
第二に、乾燥予防に靴下をはかせていたのですが、足趾間がむれて水虫を作ってしまいました。この時も保湿にばかり目がいって発見が遅れました。
第三に、チームメンバー以外の職員への連絡ミスによって、暖房をつけたつもりが設定がドライになっており、Kさんを低体温症にさせてしまいました。さらにその場面を予測できず、対応までに時間がかかってしまいました。結果的には命に別状はありませんでしたが、このことでいろいろなケースを予測して対応を考えなければいけないと反省しました。
やっちまったー
これら3つの事件から、改善点を洗い出しました。
・軟膏の量を調整する。
・本人の不感蒸泄に合わせ皮膚状態を観察する。
・どんなリスクがあるかをチーム内で予測し事前に対応を検討する。エアコンや加湿器使用時の条件や注意点を現場に周知徹底。
・本人にとっては初めての雪国での生活のため、本人の体調にもっと配慮する。

今後の課題
冬期間中は居室の配置を変える、処置内容の変更をするなど工夫し、皮膚状態は悪化することなく経過しました。また医師や現場職員の連携・協力もあり、インフルエンザや肺炎に罹患することなく過ごしました。
今の時期は、梅雨と暑さ対策を行っています。

そして、寄り添うケアが目標であったのにKさんを居室内だけに限定しており、他者とのコミュニケーションをとる配慮が十分ではありませんでした。
・リスクを考慮した具体的な対応策を考え、統一したケアができるようにしていく。
・季節の変わり目や天気予報をチェック、対応について事前に検討する。
・寄り添うケアを行うため、Kさんの欲求、家族の思いの再確認。
・Kさんとのコミュニケーションを図るためのツールを検討、実施。
・他者との関わりが持てるように離床時間を確保する。
・離床時間確保するため、ホールの環境整備も行う。
寄り添うケアとは、心身に寄り添うケアということにチーム全員が気づけていなかったと反省を込め、今後も在宅でも安心して生活できるケアの追求を続けていきます。

最後に新メンバーの発表です。
新メンバー 旧メンバーの中田さんが異動となりましたので、新メンバーに新入職員の葛西さんが入りました。よろしくお願いします!

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links