管理者研修★介護の見える化への挑戦

2018.03.02 Friday セミナー・研修

2月26日(月)、27日(火)の二日間にわたり管理者を対象に、7号館研修室にて「『介護の見える化』への挑戦〜ケアの最前線から〜」の研修が行われました。講師は職員総合研修室の柳田室長です。

柳田室長

 

今回は「介護の見える化」に関連する内容で、

「青森県介護サービス事業所認証評価制度」取得について

◆峅雜酳鷭群定のポイント」について

「介護の見える化プロジェクト」(動画)

について理解して頂きました。

 

「青森県介護サービス事業所認証評価制度」とは、

●質の高い介護人材の確保・育成

●利用者のニーズに合った質の高いサービスの提供

を目的として様々な評価項目を設けた、県の認証評価制度です。県が認証事業所を公開し、「見える化」することによって、介護職にやりがいを持って働くことが出来、青森県の介護業界全体のレベルアップ・ボトムアップが図られる仕組みです。

サンタハウス弘前では、現在取得へ向けて取組んでおります。それには、事業所努力が不可欠です。まずは管理者が共通認識を持つために、概要の説明がなされました。

 

 

△任蓮■慣遒硫雜酳鷭群定について、ポイントの説明がなされました。

 

●リハビリによって高齢者の自立支援を勧める事業所に配分重点化

●終末期の高齢者が増えるため、特養でのみとり対応に加算

●全体を0.54%引き上げ

●特養の基本報酬を最大3%引き上げ、大規模な通所介護は最大5%引き下げ

●生活援助は市町村が計画を検証する仕組みを導入

 

国としては、「介護を受ける人口を減らす」「要介護度を下げる」「費用の抑制」「リハビリを増やす」を改定の目玉としているようですが、様々な意見があるようです。

 

管理者研修1

 

は首都圏の施設の「介護の見える化プロジェクト」の動画です。

 

前半は、密室になりがちな施設に第三者の目を入れ、リスクを摘み取る仕組みとして、国が導入した「福祉サービス第三者評価」

NPO法人などの評価機関が中立的立場でサービス実態(食事・排泄のケア、認知症ケア、職員の態度、教育・研修の体制等)を130の項目に分けて客観的に調査します。調査結果はWeb上で公開され、課題や改善点を明らかにして、それらを基に、入所者やご家族に施設を選んでもらうという仕組みです。入所者にも聞き取りを行い、「生活の不満」や「虐待」の兆しがないか確認します。

 

後半は、最新技術を取り入れた介護職員の技能向上の試みとして、介護の技能を見極める「映像分析システム」や、介護職員の視線を見ることができる「センサー付きメガネ」を紹介。介護職員が手元に気を取られるあまり、相手の目をあまり見ず、コミュニケーションが取れていない様子が分かったりと、正に「見える化」!新人職員とベテラン職員の動作を比べることにより、「見る」「話す」「触れる」という行為がいかに重要で、「質の高い介護に必要な条件」であることがわかります。

 

管理者研修2

 

以上の研修を踏まえて、今後の参考のために管理者の方々には「介護の質の向上のために」それぞれの事業所での課題と取り組み状況と方法、今後の計画などを書き出して頂きました。

皆様お疲れ様でした。

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links