板柳高校2年生2名のインターンシップ体験

2016.09.09 Friday インターンシップ

9月6日(火)〜8日(木)の3日間、板柳高校2年生2名をインターンシップ生として受け入れました。
インターンシップ実施場所は、デイサービスセンターサンタハウス弘前です。

2人とも素直で明るく、あっという間に利用者様の間に溶け込みました。
体験1体験2
※プライバシーに配慮して写真にぼかしをかけています。
2人は将来、福祉に関する職業に就くことを希望しているそうです。
介護施設での体験が勉強になった様子です。
仕事をするとはどういうことか?といった講義を受けた後、車椅子体験や、施設内の清掃や利用者様へハンドマッサージを行ったり、レクに参加したりするなど、デイサービスセンターの業務を体験しました。

最終日には、体験を通じて感想や疑問に思ったことを話してもらいました。
最終日質疑応答
職員総合教育研修室の柳田室長(写真右)と浅原氏(写真中央)が質疑応答に応えました。

「以前別の施設に行った時は、同じくらいの症状の利用者さんが集まっていました。サンタハウスでは寝たきりの人もいれば元気な人もいて、違いにちょっと戸惑いました」
という感想には柳田室長が答えました。
「利用者様の症状の度合いが同じような方が集まる所もあり、それはそれでメリットがあります。サンタハウス弘前ではいろんな症状の方が一緒にいてうまくやっています。いろんな人をこの3日間で見てきたと思いますが、そういうところも体験できたのは良かったのではないしょうか」

また、「利用者さんの話が盛り上がってしまって、仕事があるのに止められませんでした。どうしたら良かったのかな、と思いました」という疑問に対して浅原氏が答えました。
「人に体を向けて目を見てうなずきながら聞くのは、相談業務を行う者にとっては基本のことなのですが、2人は自然にできています。しっかり話を聞いてくれるとわかって、利用者さんは嬉しくてたくさん話してしまったと思いますよ。
話を切り上げられたと思われることなく、スムーズに仕事にうつるには、先輩達の対応がとても参考になります。周りの人がどんな風に対応しているか、今度また機会があれば見てみてくださいね。」

利用者様が「バイバーイ」「ありがとう、またね」と見送りしていたことからも、2人がとても歓迎されていたことがわかります。
笑顔がすてきな2人に、利用者様達だけでなく職員も元気をもらえた3日間でした。

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links