アイワイショッピング

2018.04.18 Wednesday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

4月17日(火)、イトーヨーカドーの出張販売「アイワイショッピング」が開催されました。
粒の大きなイチゴや春服が並んでいるのをみると、お買い物でも季節を感じることができるなぁ…と思います。
入居者様も春を感じているでしょうか。
お買い物♪ うきうき服選び 「これのサイズ違うのがないかしら」ととってもいきいきした笑顔で買い物をされていました。

クリスマス会〜介護老人保健施設サンタハウス弘前〜

2017.12.22 Friday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

介護老人保健施設サンタハウス弘前のクリスマス会は12月21日(木)に開催されました。
みんなで「きよしこの夜」を歌った後、さっそく職員余興が行われました。
トップバッターは1・2ユニット合同でひげダンス&みかんキャッチ! みかんキャッチ
3・4ユニット合同で「恋するフォーチュンクッキー」を踊りました。センターのキレのある動きに目が離せません。 キレのあるダンス
1階専門棟からは毎年恒例のトランペット演奏に加え、ねぷた囃子を披露。 トランペット演奏とねぷた囃子
2階専門棟からはコントを。アツアツおでんを頬張る芸で入居者様を笑わせました。ノリノリでキメポーズも。 アツアツおでんとダンス
短期入所生活介護サンタハウス弘前の職員による余興は二人羽織です。 こちらもアツアツのご飯やラーメンを食べます。「アツい!アツい!」という若干リアルな絶叫を楽しみました。 ショートステイの二人羽織
サプライズ余興は看護実習生チームによる二人羽織です。 「シュークリームを食べます!」
そして先輩看護職員による洗礼(笑)もあり、会場は笑いと惜しみない拍手で包まれました。 看護実習生による二人羽織
最後に、各ユニットの代表入居者様へクリスマスプレゼントが手渡されました。 プレゼント 大きいですね。何が入ってるんでしょう!?
お部屋に帰ってから開けてくださいね!
職員への惜しみない拍手 「久しぶりにこんな笑ってしまったわ」というつぶやきも聞こえ、入居者様におおいに楽しんでもらえたクリスマス会でした。

アイワイショッピング

2017.10.17 Tuesday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

10月17日(火)、介護老人保健施設サンタハウス弘前1階ホールで、イトーヨーカドーによる出張販売がありました。
2〜3か月に1度のショッピングは入居者様の楽しみの一つです。

冬物衣料の並ぶ売り場でみなさん大好きな買い物を楽しんでいます。
レジの前はあっという間に長蛇の列!
IYレジに並ぶ
並んでいる間に「いい男が2人並んでなんぼ写真写りいいべ」
IY と、にぎやかに笑い声も聞こえました。ここは団らんの場でもあります。
職員もおやつ買いすぎてしまいました。

敬老会&100歳バースデー!@介護老人保健施設サンタハウス弘前

2017.09.14 Thursday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

9月14日(木)、介護老人保健施設サンタハウス弘前の敬老会が行われました。

古希から百寿までの入居者様のご長寿をお祝いし、余興に弘前大学の実習生らによるストッキング綱引きが行われ… 弘大学生によるストッキング綱引き おなかの底から笑ってしまいました。

さて、9月16日に百歳を迎える原田シゲノさんのお誕生会も行われました。
つがる市より、顕彰状3枚と記念品が贈られました。
なぜ3枚?それは、内閣総理大臣、県知事、つがる市長からの顕彰状だからです。
賞状授与 大きな花束と記念品も贈呈されました。
花束贈呈 サンタハウス弘前の職員一同よりバースデーケーキと、会場のみんなでハッピーバースデーを歌いました。
100歳ケーキ 感激していたシゲノさん。
原田シゲノさん100歳 喜んでもらえて良かったです。おめでとうございます!

祝・100歳

2017.01.25 Wednesday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

1月25日(水)、中島かつさんの100歳お誕生会が開かれました。

今日は、朝起きた時から職員に「おめでとう」と言われて、とってもごきげんのかつさん。
お昼ご飯はスペシャルお膳が出ました。おいしそうです。
スペシャルお膳いただきます。
ちょっとだけおめかしして、午後は、弘前市の山本昇副市長が顕彰状と記念品を贈呈してくださいました。
山本副市長より
顕彰状をもってにっこり!東奥日報と陸奥新報の記者さんの前でステキな笑顔を見せてくださいました。 顕彰状持ってにっこり 本日ご家族様は来られませんでしたが、代わりに花束が届いています。
こちらも渡されて、とても嬉しそうにしていました。
ご家族からのお花
おせんべいケーキこちらは職員からのプレゼント!甘いものが苦手なかつさんに、おせんべいをあしらったケーキです。
介護職員や栄養士らが代わる代わるかつさんのところへやってきて、「おめでとう」の言葉が止みませんでした。

新年会・もちつき

2017.01.06 Friday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

1月6日(金)、サンタハウス弘前の新年会が開催されました。
介護老人保健施設サンタハウス弘前の入居者様、また東日本大震災により弘前まで避難された入居者様も一緒に、新年をお祝いしました。
下山保則理事長の新年の挨拶の後、早速もちつきが始まりました。
理事長挨拶
下山理事長自ら先陣を切って杵をふるいました。
もちつき
毎年の事なので、さすがに腰の入り方が違います。入居者様の「よいしょ!」の掛け声に合わせて振り下ろしていきます。
その後、職員が代わる代わる餅をつき、約10キロのもち米を6回に分けてついていきました。
お米を蒸かしている間、入居者様は獅子舞を楽しみました。
獅子舞
獅子舞に噛まれるとその部分が良くなるそうですね。
この新年会で明るい気持ちになって1年を健康に過ごしましょうね!

クリスマス会〜介護老人保健施設サンタハウス弘前〜

2016.12.23 Friday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

12月21日(水)、介護老人保健施設サンタハウス弘前のクリスマス会が開催されました。
ショートステイの入居者様や東日本大震災被災地からの入居者様も、一緒に楽しみました。
被災地から入居の方々☆似合ってるサンタの帽子やトナカイのカチューシャなどをつけてもらいました。なかなか似合ってますよ☆

※プライバシーに配慮して一部写真にぼかしをかけています。
クリスマス会の始まりは、職員の余興から始まりました。
それぞれのユニットおよび専門棟の職員が、入居者様に楽しんでもらおうと考えた出し物です。
南京玉すだれ始まりは南京玉すだれ。すだれがいろんな形に変形していきます。
ダンスを披露。「麦畑」と「ドラえもん音頭」に合わせて賑やかに踊りました。 オヨネーズドラえもん音頭
投げたオレンジをキャッチこちらは投げたオレンジを剣に刺しています。とっても上手にキャッチできたので拍手喝采でした。
トランペット演奏
トランペットで「ジングルベル」を演奏。彼の演奏が年々上手になってきているような気がします!
二人羽織でケーキを食べる
二人羽織でクリスマスケーキを食べています。フォークがうまくささらないので「食べづらそうですね。手伝いましょう!」と丸ごと口に持っていきました。

さて、皆さんが楽しみにしていた、ふじこども園の5歳児によるお遊戯とふれあい遊びが始まりました。
ふじこども園5歳児子ども達のかわいらしい歌声と元気いっぱいのダンスに癒されます。

手遊びうた「あくしゅでこんにちは」を歌いながら入居者様と握手しました。
子ども達とのふれあいに感激して泣いた方もいましたよ。
ふれあい遊び
最後にサンタさんがクリスマスプレゼントを代表入居者様にお渡ししました。
サンタさんからプレゼントいくつになっても、プレゼントは嬉しいものですね。受け取った方のにこーっとしたお顔に職員も嬉しくなりました。

訪ねてきたご家族とクリスマス会を楽しんだ入居者様もおりました。
お部屋にすでに届けられているプレゼント、喜んでくれたかな!?

敬老会@介護老人保健施設サンタハウス弘前

2016.09.21 Wednesday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

9月21日(水)は、介護老人保健施設サンタハウス弘前で敬老会が開催されました。
2階からも参加
ご長寿の方に顕彰状と記念品が授与された後、下山政会長より挨拶がありました。
「日本に100歳の方は約6万人、青森県には567人(9月15日現在)います。そのうちのお2人を、本日は百寿としてお祝いできるわけですね。」
下山政会長
「できれば毎年100歳の方を祝いたいですから、みなさん頑張って長生きなさってください」
とお祝いの言葉を述べられました。

余興では、ふじ保育園の年長さん16名がお祝いのために来てくれました。 今度の運動会でやる予定だという歌とダンスを披露しました。
ふれあい遊びでは「いっぽんばしこちょこちょ」でくすぐりっこしました。
いっぽんばし〜♪
子ども達から元気をもらいましたね。
最後に記念撮影。写真は百寿のお2人です。
百寿
とても元気な100歳の笑顔を見せてくれました。

アイワイショッピング

2016.09.16 Friday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

9月16日(金)はイトーヨーカドーの出張販売・アイワイショッピングが開催されました。
介護老人保健施設サンタハウス弘前の入居者様はこの日を心待ちにしていました。
老健のホールがとても賑やかでした。
職員も、入居者様に頼まれた物を買いに、メモとお金を持って何度もレジに並んでいました。
久しぶりに会う人とご挨拶どれにする?
秋冬物の下着や旬の果物など、見ているだけで季節を感じますね。多くの入居者様がお買い物を楽しみました。
上からアイワイ

内部研修★食事のケアについて

2016.06.15 Wednesday 介護老人保健施設サンタハウス弘前

6月14日(火)、介護老人保健施設サンタハウス弘前で老健職員対象の内部研修が行なわれました。
老健各ユニットおよび専門棟から、職員が1人ずつ参加しました。

この日のテーマは「食事のケアについて」
老健ユニットリーダーの鈴木さん(写真中央)と栄養士の武井さん(写真右)が進行役を務めました。
鈴木&武井
アドバイザーとして職員総合教育研修室の柳田一男室長と、黒瀧愛未介護課長も参加しました。
資料を見ながら、食事の目的、嚥下のしくみ、食形態のメリットデメリットなどについて勉強していきました。

老健には食事介助が必要な入居者様が、各ユニットに1〜8人ほどいらっしゃいます。
まずは食事の形態についておさらいしてみましょう。
・常食…普通食のことです。
・ソフト食…柔らかいおかずやおかゆなど。
・きざみ食…食材をきざんだ食事です。
・ミキサー食…うまく噛めない方のためにペースト状にしたもの。

入居者様の安全を思えば、安易に柔らかい食事に移行しがちです。
しかし、いったん下げたレベルは、その後のリスクを考えると常食へ戻すことはなかなかできません。
食形態を変更する時には、変更するだけの十分な理由が必要なのです。
まずは現場の介護職員ができることをしましょう!
1.食事に集中するための環境づくり(TVを消す、飲み込んだことを確認して一口ずつ食べる、など)
2.どの時点で食べにくさを感じるかを把握する(噛む、飲み込む、食道を通る…という流れの中からつかむ)
3.食べ方を工夫する。交互嚥下を促す。
交互嚥下とはおかず→お茶(とろみ)→ごはん(おかゆ)→おかず→お茶…と、一口ずつ食べ物をしっかり胃に送れるようにする食べ方です。のどごしの良いゼリー状のものやポタージュを間にはさむとスーッと流れていくそうです。

介護職員が食欲を引き出すように「これ魚だよ、おいしそうだね、食べてみよう」などの言葉がけをすることも大切だね、と黒瀧介護課長よりアドバイスがありました。
柳田室長からは、「認知症が進むと臭いを感じなくなる。味覚は臭いと連動しているので、おいしいかどうかがわからなくなります。認知症の方が異食するのは臭いがわからないこともあるようです」と、食事によって認知症の進み具合もわかることを教えていただきました。
勉強会の様子
入居者様を介護職員が一番に見ていますが、栄養士も看護師も、情報を共有してもっときめ細やかなケアが出来たら…という思いのもと開催された勉強会。
いいケアについて、また一つ考える事が出来ました。

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links