職業考(講)話

2017.11.13 Monday 講師派遣

ジョブカフェあおもり・弘前学院大学/共催で全4回開かれる「職業考(講)話」。その第4回が11月9日(木)に開催され、弘前豊徳会の事務職員 嘉瀬と、OBである短期入所生活介護サンタハウス弘前の生活相談員 中澤(平成21年度卒)と 介護老人保健施設サンタハウス弘前の支援相談員 中田(平成25年度卒)が講師として弘前学院大学を訪問しました。

職業講話_講師

職業考(講)話とは…
 県内外の職業人を迎え、その仕事の魅力ややりがい、難しさ、社会人として大切なことなどについてパネルディスカッション形式の講義を通して学び、自ら考えるものです。
 また、企業の採用担当者や社会で活躍している職業人(先輩)の講話から企業等が求める人物像や必要な知識等を知り、今後の就職活動の一助とするものです。(ジョブカフェあおもりホームページより)

講話は社会福祉学科の学生さんからの質問にお答えする形です。OBの二人に対する具体的な質問が目立ちました。

職業講話_参加者

Q. OBのお二方はどのような人となら一緒に働いてみたいと思うか?

A. (中澤)新入職員が先輩職員の皆さんと同等に出来ることは「挨拶」です。「挨拶」がきちんと出来る方は社会人としての礼儀もきちんとしている方だと思います。相手の目を見て元気な声で挨拶することが大事です。

   (中田)挨拶と同時にコミュニケーションが円滑に取れる方が望ましいです。また、笑顔で表情や声が明るい方が望ましいです。

 

Q. 学生時代にもっと勉強しておけばよかったことは?

A.  (中澤)医学知識と介護知識。勤める場所にも寄りますが、介護の現場で取り扱うものは人の命です。私たち相談援助職は直接利用者の皆様の生活や健康をケアすることは出来ませんが、ご本人の状態確認や連絡・調整をきちんとする為には、現場の介護職・看護職の皆様と同等に利用者のことを理解しておく必要があります。そのため、介護・医療の知識もきちんと勉強しておけばよかったと思いました。

   (中田)同様に医学知識と介護知識ですが、その他に他職種との連携、連絡・調整する場面が多々ある為、コミュニケーション能力を磨いておけばよかったと思いました。

職業講話_講師2

Q. 内定を得る為に気にすべきことは?

A. (嘉瀬)きちんと業界・企業研究をしていることです。そして応募前に施設見学や職場実習を行い、応募しようとしている施設はどのような所なのか把握しようとしていることも大事です。事前に施設見学や職場実習をしておけば、その施設の責任者や人事担当とコミュニケーションを取ることが出来ますし、双方がいい印象を持って採用試験に臨めます。

 

事前質問の他にも会場で質問を頂き、学生さんの熱心さが伝わりました。OBの体験からくる具体的な声を参考にして、就職活動に励んで頂きたいと思います。

 

職業考話

2016.10.28 Friday 講師派遣

ジョブカフェあおもり・弘前学院大学/共催で全4回開かれる「職業講話」。
その第2回が10月27日(木)、弘前学院大学内で開催され、弘前豊徳会の事務職員 嘉瀬(写真中央)と、介護老人保健施設サンタハウス弘前の相談員 櫛引(写真左)が講師として訪問しました。
「職業考話」とは…
 県内外の職業人を迎え、その仕事の魅力ややりがい、難しさ、社会人として大切なことなどについてパネルディスカッション形式の講義を通して学び、自ら考えるものです。
 また、企業の採用担当者や社会で活躍している職業人(先輩)の講話から企業等が求める人物像や必要な知識等を知り、今後の就職活動の一助とするものです。(ジョブカフェあおもりホームページより)
櫛引&嘉瀬
学生さんから事前に寄せられた質問をもとに進められました。
求められる人材や面接の時に重視する事は何ですか?との問いには、嘉瀬より
「人を相手にする仕事ですのでコミュニケーションが取れること、報連相ができることが大切です。施設には介護職員や相談員だけでなく事務、看護やリハビリの職員もいますので、それぞれの職員と連携をとる必要があります。
 面接では、自分はこうだという芯を持っていることが大事です。緊張して答えを忘れしどろもどろになってしまっても、面接官に伝わります。」

参加者
櫛引相談員へは、弘前豊徳会を志望したきっかけは何ですか?応募時の面接で何を聞かれましたか?など具体的な質問がありました。
「弘前豊徳会は多くの事業を運営しており、いろんな経験ができると思ったのがきっかけです。
 面接には、どんな質問にも臨機応変に答えられるようイメージして臨みました。実際には面接官が7人いて緊張しました。志望動機と大学でどんな活動をしてきたかを聞かれました。」
学生さんへのアドバイスとして、
「学生時代の勉強だけでは働く場のイメージができません。私は、学生のうちにボランティアや介護体験で介護の現場を経験してみる、ということをもっとやっておけば良かったと思いました。皆さんも気になる施設へは、見学や体験にどんどん行って見るべきです。」

応募前にボランティアや見学をするメリットは、担当者と直接会ってコミュニケーションを取れるので、採用試験の時はお互い良い印象で臨めるということです。

参加された学生さんが熱心にメモを取っていますね。
就職活動では不安や緊張が続くこともあるかと思いますが、そこで努力した結果は必ず生きてきます。つらい時期でも前向きに頑張ってください(`・ω・´)/~~。

職業考話

2015.10.30 Friday 講師派遣

10月29日(木)、弘前学院大学にて「職業考話」が開かれました。

弘前学院大学の社会福祉学科の学生が、仕事の内容や就活のポイントについて、実際に働いている職員から話を伺うものです。
今回は職員総合研修室の副室長、宮本富樹(写真右)と、介護老人保健施設サンタハウス弘前の介護福祉士、菊田健(写真左)の2名が訪問しました。

宮本&菊田
宮本より「必要とされる人材について」と題し、福祉・介護業界の実情や業務の内容を説明したうえで、求められる能力や基本的な接遇についての話がありました。
プロの仕事とは?という点で、特にコミュニケーションの大切さが挙げられます。
挨拶を忘れず笑顔を絶やさないことはもちろんですが、ボランティア精神で行うのではなく、その業界で生涯生計を立てるという覚悟も必要となってきます。

菊田からは、資格を取るための勉強の仕方等について。
現場で活躍する介護職員として「ぜひたくさん勉強して資格を取ってください」とのこと。キャリアアップの大切さは自身の経験から語られました。

学生からは活発な意見交換や質問があり、福祉の仕事への意欲や熱意が感じられました。
学生の熱心な質問
具体的になりたい職のことだけでなく人員配置についても聞かれ、サンタハウス弘前への関心が見られました。
この学生さん方は将来一緒に働く仲間になるかもしれませんね。楽しみです!

職業考話

2014.11.27 Thursday 講師派遣

 平成26年11月20日(木)に弘前学院大学にて第4回平成26年度「職業考話」(NPO法人プラットフォーム青森主催)が開催されました。

 「職業考話」とはこれから就職活動を始めようとしている、弘前学院大学に在籍する学生を対象とした講話で、青森県内企業の人事担当者と弘前学院大学を卒業した若手社員が就職活動について話をするというものです。

 今回は社会福祉法人弘前豊徳会の宮本富樹参与兼職員採用・研修担当と、短期入所生活介護サンタハウス弘前の佐藤伊織生活相談員が依頼を受け、講師として学生さんの前で講話を行いました。

 講話では宮本からは企業が求める人材の条件や面接を受ける際のポイント、

佐藤からは福祉職の魅力や就職活動の実体験等をお話しさせていただきました。

 「人の役に立ち、感謝されることはとても嬉しくありがたいことですが、それだけではモチベーションは続きません。自分の立てた目標によって利用者の方が満足を得ることができた、という達成感があるからやりがいがあるのです。」

 その後の質疑応答では学生の皆様から就職に対する不安についての質問がなされました。
 それぞれ自分の目標があって、なりたい将来を描いているのだなぁと思いました。


 就職活動に臨む学生の皆様、これからどんどん寒くなりますが、体調に気を付けてくださいね!
 皆様の就職活動がより良いものになるよう、応援しています(・ω・)ノ

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links