高齢者虐待防止研修★不適切ケアを少なくすることが高齢者虐待予防

2018.11.29 Thursday セミナー・研修

11月12日(月)〜14日(水)の3日間、全職員を対象に「高齢者虐待防止研修」が7号館研修室で行われました。講師は職員総合教育研修室の柳田室長です。

 

高齢者虐待防止研修

 

今回は「不適切な言動」について考察しました。

要介護状態の方は、少なからず自分のことを他人の手に委ねるので、ご本人にはさまざまな葛藤があります。例えば、「申し訳ない」という思いからくる遠慮や、自分の思い通りにならないことへの不満などです。

 

そんな複雑な思いを抱えている方が多い中で、配慮に欠けた何気ないひと言や、必要だと思ってやった介助が「不適切なケア」に当たることがあります。

 

「何度も言ったでしょう」

「どうして出来ないの?」

「いい加減にして!」

「リハビリしないと寝たきりになるよ」

 

会話はご本人との関係性によるところも大きいので、これらの言葉が一概に「不適切なケア」とはなりませんが、自分が発した言葉を振り返り、

「もしかしたら相手を傷つけているかもしれない」

「不安にさせているかもしれない」

「追い詰めているかもしれない」

と考えることは必要です。

 

要介護になって身体の自由が利かなくなっても、その方が大切にしてきた思いやプライドは失われないものです。

それは認知症になっても同じです。

言葉は目に見える形はありませんが、時には目に見えるものより重いということを、心の片隅に置いておきたいものです。

 

高齢者虐待防止研修2

 

「みんなの介護アンケート」より(2018.10.26)

【ある介護職の経験をお持ちのご家族の方の意見】

「介護される側の母は、ヘルパーの"ためぐち”や馴れ合いの言葉使いが、少し不愉快だと言ったことがあります。『自分の孫世代なら若いので仕方がないけど、常識を知っているべき世代の人に言われるのは・・・』実母ながら面倒くさい人だな、と思いつつ、一理あるかもしれませんね。敬語とまで言わずとも、基本的には丁寧な言葉遣いが無難だと思います」

 

「親しき仲にも礼儀あり」で、利用者様と職員との人間関係を良好に保つためには、職員が利用者様の尊厳をしっかりと認識し、尊重することが何よりも大切です。敬語での会話の中でも、本音で話せる事もあります。お互い気持ちよくサービスを提供・利用できるように、介護の仕事をする方は、高齢者の方との会話をする際の言葉遣いを定期的に見直していく必要があります。

 

介護の現場は「十人十色」です。

介護の方法や関わり方は、ご家庭の事情や個々の都合で異なっていて、「こうあるべき」という正解が無いだけに、高齢者虐待に繋がらないよう、日頃の言動には気をつけたいものです。

2018年11月26日のつぶやき

2018.11.27 Tuesday つぶやき

09:04
RT @aomori_news: <東日本大震災>被災地から受け入れた要介護者を故郷へ 弘前の社会福祉法人、希望聞き取り移送目指す https://t.co/vsWXlKHHEO #河北新報
18:04
<東日本大震災>被災地から受け入れた要介護者を故郷へ 弘前の社会福祉法人、希望聞き取り移送目指す | 河北新報オンラインニュース https://t.co/9GUGqBCTeW @kahoku_shimpoさんから

トライアルセンターあさひ様によるパン訪問販売

2018.11.22 Thursday 施設訪問

11月22日(木)、五所川原市にある障害者支援施設「就労継続支援B型事業所トライアルセンターあさひ」様で作られたパンの訪問販売が始まりました。 パン販売
食事パン、菓子パン、そして赤飯などご飯類が並んでいます。これ、全て100円です!
昼休みに続々職員がやってきて、あっという間に売れていきます。
続々買いに来る職員 パンの訪問販売は第2・4木曜日の12:00〜13:00、サンタハウス弘前10号館1階で行われます。
入居者様も利用できます。ご希望の方は職員までお知らせください♪

ノー残業デーを実施します。

2018.11.21 Wednesday 働き方改革

弘前豊徳会は、ワークライフバランスを推進する取り組みとして「働きやすさ」を目指し、月1回(第3水曜日)ノー残業デーを実施します。
no残業デー 本日は初めてのノー残業デー!職員の皆さんは定時で帰りましょう!

もちろん、残業が急にはなくならない部署もあるかと思います。
「なぜ残業が必要なのか?」の原因も各事業所からあげてもらい、職員の声を聴くことも目的となっています。 適正な人員配置がされているか?業務にムリな負担はないか?など問題点を解決していく取組でもあります。
まずはこの取組によって、職員の生活と仕事が両立できる環境づくりを支援していきたいと思います。

研修★認知症の摂食嚥下と栄養

2018.11.16 Friday セミナー・研修

11月8日(木)、外部講師をお招きし、「認知症の摂食嚥下と栄養」の研修が行われました。

 

株式会社クリニコ_山初氏

講師は森永乳業グループ病態栄養部門 株式会社クリニコ様より、山初育子氏にお越しいただきました。

 

認知症高齢者の動向や、それに対する国の対策(「新オレンジプラン」※に基づいた「認知症カフェ」や「認知症サポーター」など)、認知症の原因や症状、認知症の方の食行動や食環境づくり、また摂食嚥下や栄養障害について学びました。

※「新オレンジプラン」とは、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて平成27年に作られた国家戦略。認知症の人の意志が尊重され、出来る限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指すために、七つの柱(認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進など)が立てられている。

 

特に認知症の方の食行動について、掘り下げてご説明いただきました。

 

認知症の方の食事の問題として、

/べ始めることができない

⊃べ続けることができない

食べ方が以前と違う

があります。

 

それぞれの原因を見極めて、様々な工夫や対策が必要になります。

例えば・・・

●食器の並び替えを繰り返して食べようとしない場合は、「ワンプレート方式」に変える。

●むせて食べ続けることができない場合は、食べ物の形態を変える。

など。

 

エンジョイゼリーイチゴ味試食

飲み込みが不安な方、食欲のない方、十分な栄養が取れない方、ミキサー食の方に適した森永乳業様の栄養食品として、「エンジョイゼリー」を試食しました。10種類の味のバリエーションがあり、「口溶けなめらか」で「バランス良く栄養補給が出来る」ゼリーです。今回の試食はイチゴ味です。

 

エンジョイゼリー試食

美味しくて飲み込みやすく、現場の職員も興味を持っていただいた様子です。

 

パック入りなので、湯せんで溶かして再成型も出来るので、ごまペーストなどを混ぜたり盛り付けを工夫してアレンジレシピを増やせば、飽きの来ない献立作りに一役買いそうです。

 

ポチ+プラスV

その他に鉄・亜鉛を摂取できる「くだものの栄養+Fiber」3種や、ビタミン豊富な「ポチ+プラスV」も併せて試飲させていただきました。

 

認知症の方の食事について、沢山のことを学び、再確認できた研修でした。

山初様、ありがとうございました。

弘前大学教育学部附属特別支援学校の生徒さんの現場実習

2018.11.15 Thursday 福祉体験学習

10月29日(月)〜11月14日(水)にかけて、弘前大学教育学部附属特別支援学校から2年生の男子生徒1名が現場実習に来てくれました。実習施設は介護老人保健施設サンタハウス弘前です。 一つのユニットの中でのお仕事体験です。

 

体験学習_掃除

体験学習_モップ掛け

午前中は共同生活室の掃除などを体験してもらいます。

 

体験学習_食事準備

掃除が終わって一休みするともうお昼ご飯の準備です。

食事の準備は入居者様によって違うので複雑です。先ずは違う、ということを理解してもらい、間違えないように準備します。

 

体験学習_配膳1

配膳もしてもらいました。新鮮な顔ぶれに入居者様も興味津々です。

 

体験学習_配膳2

はじめは慣れない手つきで緊張していましたが、

「耳の遠い入居者様もいらっしゃるので、お声掛けは目を見ながら大きな声でゆっくりと」という指導の元、メニューの説明まで出来ました。お互いに笑顔がこぼれます。

 

初めての当施設での社会体験で学ぶことはたくさんあったと思います。

お疲れ様でした!

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links